【コロナ禍渡米】入国するために必要だったこと&サンディエゴの今

☆旅行☆

2021年9月。コロナ禍でサンディエゴに行くことを決意。

様々なハプニングもありましたが、無事に入国できたので

今回は

  • 渡航前に必要だった書類
  • 入国審査で聞かれたこと
  • サンディエゴの今

をご紹介していきます。

サンディエゴに留学に行く予定の方、旅行に行きたい方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コロナ禍渡米(サンディエゴ)に必要なこと

日本の空港で必要書類の提出

サンディエゴに渡航するのに現状(2021年9月時点)必要な書類は

  • 出発72時間以内の陰性証明書
  • 宣誓書

この2点のみでした‼

ロサンゼルスに行く方はオンラインで提出するものがプラスであるみたいなので

事前に自分が行く場所の提出するべきものはチェックしておきましょう。

私が渡航前に受けたPCR検査は、自宅で唾液採取&郵送で検査をしてもらうもので、13,200円でした。

URL貼っておきます↓↓

PCR-Test – Gateway

ハワイ州などは指定されているPCRを受ける医療機関があると思うので

必ず自分が行く州がこのPCR検査で良いのかチェックしてみてください‼

※2021年11月8日よりアメリカ入国時に「ワクチン接種証明書の提示」が義務化

  • 出発72時間以内の陰性証明書
  • 宣誓書
  • ワクチン接種証明書

以上3点が、入国に必要な書類となります。

入国審査で聞かれたこと

入国審査は、相手次第だと思うのですが・・・

私の場合だと

  1. 滞在の目的
  2. 滞在期間
  3. 滞在場所
  4. 仕事何してるか
  5. お金いくら持っているか
  6. 持ってる書類全部見せろ

でした・・・

5分以上かかったので、コロナ前より聞かれることは多かったです。

聞かれたことにきちんと答えられなかったり、怪しまれることを言うと別室に連れていかれるという話も・・・

同じ便の留学生は入学許可証などを見せたら全然大丈夫そうでした‼

観光目的で行く方は、いろいろ聞かれることを覚悟した方がいいですね。

スポンサーリンク

コロナ禍渡米で気を付けたいこと

マスクはした方がいい?

現地の人たちはマスクフリーの人たちが多いです。

しかし、マスクは公共交通機関及び、屋内は原則着用です。

日本ほど厳しくない印象。マスクを忘れて店内に入っても

特に何か言われることはありませんでした。

しかし、まだいつどこで感染するか分からない状況ですので

マスクはしておくべきでしょう。

夜間の外出は控える‼

夜の街は「密」な場面が多いです。(クラブ・レストラン等)

コロナ感染が心配になる場面が多くあります。

そして、コロナ禍ではなくても言えることですが

夜間の街歩きはやはり危険を伴います。

ローカルな地域だと特に気をつけましょう。

貴重品類は必ず自分の体から離さないように

席を立つときには、忘れ物がないかチェックしましょう。

スポンサーリンク

サンディエゴの今

コロナ前と変わらず、空は広く美しい景色が広がっています。

ビーチでは犬と遊んだり、ビーチバレーを大勢で楽しんだり

屋外ではマスクフリーでみなさん楽しんでいます。

この景色をみると、来てよかったなあ。思えます。

スポンサーリンク

まとめ

現在(2021年9月)サンディエゴに行くために必要な書類

  1. 出発72時間以内の陰性証明書
  2. 宣誓書

※2021年11月8日よりアメリカ入国時に「ワクチン接種証明書の提示」が義務化

  • 出発72時間以内の陰性証明書
  • 宣誓書
  • ワクチン接種証明書

となります。

  • ロサンゼルスはプラスで提出するものがあるように、市によって提出しなければいけないものを確認
  • 入国審査はコロナ前よりいろいろ聞かれることを覚悟
  • 公共交通機関及び、屋内では必ずマスクの着用を‼
  • サンディエゴの空と海はコロナ前と変わらずに美しい

まだまだ、海外に行きにくい状況ではありますが

サンディエゴに行く予定の方の参考になると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました