ディズニーに絶対持っていくべき【写ルン】で想い出をエモく残す‼

☆旅行☆

あなたがディズニーでほしいものは何ですか?

カチューシャ、お土産、ダッフィーと人それぞれだと思いますが

一番ほしいものは「想い出」ではないでしょうか。

今はスマホや一眼レフなどで写真を撮り、想い出を残すことができます。

私が一番おすすめしたいのが「写ルンです」です。

ディズニーには絶対写ルンを持って行ってもらいたい‼

その理由を実際の写真と共にご紹介します。

スポンサーリンク

ディズニーで「写ルンです」をおすすめする理由

「写ルン」は使い切りのインスタントカメラです。

普通のカメラにはないノスタルジックな雰囲気の写真を撮ることができます。

ディズニーのように美しい景色がたくさんある場所は写ルンが大活躍するんです‼

さっそく写ルンですで撮った写真をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ディズニーを写ルンで撮るとこんな写真が撮れる

スプラッシュマウンテンに並んでいる場所から撮影。

とてもお気に入りの1枚です。

ディズニーシーに売っているポップコーン「ガーリックシュリンプ」に

並んでいるときに撮影しました。日本じゃないみたいな景色です。

人の頭が入ってしまいましたが・・・

タワテラを日中に撮影。

撮り終わって現像しないと仕上がりが分からないのも

写ルンのワクワクする楽しみです。

スポンサーリンク

ディズニーで写ルンですを使った失敗例と原因

まずはじめに、写ルンですで失敗しやすい撮影環境は

  1. 暗い
  2. 被写体に近い(半径1m未満)
  3. ガラス越し

実際に撮れた失敗写真をご紹介します。

ジャングルクルーズに並んでいるときに撮影。

日中でしたが、屋根のある場所でフラッシュなしだと

こんな風に暗くなってしまいます。

屋内の暗い場所などはフラッシュを使うのがマスト。

被写体に近すぎるとぼやけてしまうのにも注意が必要です。

ガラス越しでは、ガラスが反射してしまうため

なるべく、ガラス越しでは撮らないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • ディズニーは美しい景観がたくさんあり【写ルンです】で撮るのに最適なスポット
  • 普通のカメラでは撮れない「エモい」写真を撮ることができる
  • 写ルンですは「暗い・被写体に近い・ガラス越し」を避けるべし

ディズニーで写ルンですを使ったら、現像までが楽しみです。

ぜひ「写ルンです」でとっておきの想い出を作ってください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました