シャドーイングを1日30分3ヵ月続けたら驚きの結果に⁉㊙学習法

★英語★

英語学習の中で「シャドーイング」という学習方法があります。

聞いたことはあるけど、実際にどういったものなのか。

また、実際にどのような効果があるのか疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はシャドーイングでどのくらい英語力が上がるのかについて

私の実体験も含めてご紹介していきます。

スポンサーリンク

シャドーイングを1日30分3ヵ月続けた結果

私が実際に3か月間シャドーイングを続けて得られた効果は

  • 発音
  • 単語のつながりの理解力↑
  • スピーキングスピード
  • リスニング力

シャドーイングを取り入れることで

スピーキング力&リスニング力の向上が見られました。

なぜ、このような結果になるのか分析してみました。

スポンサーリンク

シャドーイングの効果とその理由

発音が向上する理由

ネイティブの言葉を、そのままマネするシャドーイングでは

ネイティブの発音を、そのまま体に染みつけさせることができます。

言語発達過程の赤ちゃんと同じような感じ。

赤ちゃんは親や周りの人の話や音を、聞いて聞いて聞きまくり

それらをマネして言葉を発するようになります。

大きくなるにつれていろいろな言葉を聞き

マネをして話すようになることで、さらに発音も良くなっていきます。

その過程と一緒で、聞いてマネしてを繰り返していくことで

「発音の向上」に繋がるのです。

単語のつながりが分かるようになる理由

「ネイティブの話すスピードが速すぎて聞き取れない」

そんな経験はありませんか。

シャドーイングをしていると、どうやら

「T」を省略したり、1つ1つの単語で発音するのと違う発音になっていたり

そういった例が、めちゃくちゃあります。

これが「英語が速すぎて聞き取れない」理由の1つでもあります。

私の学習法として、シャドーイングをしながら、頭の中で文を想像します。

何度も聞いて、頭で文を構成できない場合は、分からない部分の字幕を見ます。

「この単語のつながりはこういった発音になるのか‼」

次聞いたときは、今まで聞き取れなかった単語のつながりが

理解できるようになるのです。

スピーキングスピードが向上する理由

シャドーイングは、英語の音声を聞きながら、聞いてる音声のおよそ0.5秒遅れで

そのままマネをして声にだす学習法です。

まず、最初からそっくりそのまま話せる可能性は低いため

何度も、「聞く・話す」を繰り返すことになります。

そのため、スピーキング能力の向上に繋がるのです。

実際、私もシャドーイングをはじめてからスピーキングスピードがかなり上がりました。

リスニング能力が向上する理由

シャドーイングは音声をマネして話す学習法とご紹介しました。

聞く→マネして話す

というシンプルな工程ですが、もう1つ工程を加えると

聞く→聞いた内容を理解する→話す

マネをして話せるということは

聞いた内容を理解できていることが大前提なんです‼

聞いた内容の理解=リスニング力

ですから、シャドーイングにリスニングは欠かせないのです。

スポンサーリンク

シャドーイングの落とし穴

良いところ尽くしのシャドーイングですが

実は落とし穴があります

それは・・・

「音声をただマネて話すだけの学習法をしてしまう」

英語学習初心者の方がよくやりがちですが

音声の意味の理解をせずに、ただ音をマネて話してしまうこと。

音声を理解していないと、実際の場面で使うことができません。

シャドーイングでは口を慣らすことも大事ですが

根本的な文章の理解をしていないと効果的ではないと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シャドーイングの頻度

シャドーイングの頻度ですが

1文だけでもいいから毎日やる

のをおすすめします。

英語学習で大事なのは勉強量です。

英会話を上達させたいならとにかく「話す」こと。

電車の中など声をだしてやりにくい場面では

小声で口を動かすだけでもいいんです‼

隙間時間を見つけて、毎日やるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

  1. シャドーイングは①発音の向上②単語の理解③スピーキングスピードの向上④リスニング力の向上などの効果がある
  2. ただ音をマネて話すだけでなく、文の意味を理解しながら行うこと。
  3. 英語学習は勉強量が大事‼毎日1文でもシャドーイングするべき
  4. 電車など声を出しにくい場所では、小声で口を動かすだけでも効果的

シャドーイングは英語学習をしている方にとてもおすすめできる勉強法です。

私自身、シャドーイングを行ってから、発音やスピーキング力に自信が持て、前よりも英語を話すことが楽しくなっています。

ぜひ日々の英語学習に、シャドーイングを取り入れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました