今流行【写真好きが伝授】写ルンですでエモい写真を撮るためのコツ

☆旅行☆

今若い世代に人気の「写ルンです」

ノスタルジックな雰囲気で撮れると話題ですが

フィルムカメラにあまり慣れていない人も多いはず。

「27枚しか撮れないから失敗したくない‼」

「でもスマホと違ってちゃんと撮れてるか確認できない(涙)」

そんなあなたのために「写ルンですの撮り方のコツ」をご紹介します。

スポンサーリンク

写ルンですを上手に撮るコツ

被写体を1m以上は離す

撮りたいものから1mは離れましょう。

何故ならピントが合わずに上写真のようにぼやけてしまうから。

そのぼやけ具合がいいときもあるんですけどね。

室内ではフラッシュを使う

晴れた日の外での撮影以外は基本フラッシュを使います‼

なぜなら室内撮影は結構暗くなる・・・

上写真は晴れた日のお昼に撮ったもので、お店自体も明るかったのですが

撮ってみると結構暗い・・・

室内ではフラッシュを使って撮るべし。

フラッシュ有にするにはカメラ前面フラッシュボタンを上にスライドさせる(写真:カメラのキタムラ)

ガラス越しで撮らない

綺麗な朝焼けを撮ろうとガラス越しのまま撮影

しっかり窓ガラスが反射してしまいました。

ガラス越しでは撮らないようにしましょう。

スポンサーリンク

写ルンですの世界

晴れた日の大自然を撮影すると草木の緑、空や雲の色が綺麗にうつるんです。

iPhoneや一眼で撮るのとはまた違いますよね。

夕陽が沈みかけたときに車内から撮りました。

ふわふわ雲と船のシルエットがエモい・・・

秋色の草原と優しい空が◎

ノスタルジックな雰囲気になります。

FUJIFILM フジカラーレンズ付フィルム 写ルンです スタンダードタイプ シンプルエース 27枚撮り 初期モデルデザイン LF S-ACE SP FL 27SH 1
スポンサーリンク

写ルンですで自撮りするには

自撮りは正直難しいです。

私は何回も挑戦しましたがやっぱり難しい・・・

カメラを正面にしてヒジをピーンと伸ばしてシャッターを押すのがコツだそうです。

被写体が人なのであればだれかに撮ってもらうのがおすすめ。

スポンサーリンク

写ルンですで撮った写真をスマホに転送

スマホ転送を対応しているカメラ屋さんにもっていきましょう。

撮影の終わった“写ルンです”を持っていってお店の人に渡せば、現像をしてくれます。

データ化すると、スマートフォンやパソコンに転送することができます。

私の近くの写真屋さんは2時間くらいでデータ化してくれました‼

写真現像なしでデータ化&スマホ転送で1,500円くらい。

お店によって異なるので近くのカメラ屋さんに問い合わせしましょう。

スポンサーリンク

写ルンです撮り方まとめ

  • 被写体は1m以上離す
  • 室内ではフラッシュを使う
  • ガラス越しで撮らない
  • 自撮りは難しい。誰かに撮ってもらう
  • 写ルンですで撮った写真をスマホに転送するには対応しているお店を探す

“写ルンです”はコツさえつかめば

いつもスマホで撮るのとは違ったノスタルジックな写真を撮ることができます。

写ルンです風に撮れるアプリもありますが

やっぱり写ルンですで撮った写真の方がエモいです

“写ルンです”を使って想い出をおしゃれに残したいですね。

写ルンですはAMAZONで手軽にGET♪↓

FUJIFILM フジカラーレンズ付フィルム 写ルンです スタンダードタイプ シンプルエース 27枚撮り 初期モデルデザイン LF S-ACE SP FL 27SH 1 31年目の写ルンです エイムック

コメント

タイトルとURLをコピーしました